ブログの設定、デザインなど変更中。
      
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/15(火)
スーパーロボット大戦では90年前後のロボットアニメが不遇。

この事は当時アニメを見ていた人には実感出来る。
でも若いスパロバーや当時アニメを見ていない人には分かりにくい。

管理人もその不遇っぷりは感覚では理解しているが、はっきりとした知識や数字では理解出来ていない。



他の年代と比べて参戦作品数がどれくらい違うのか気になったので、スパロボの参戦作品リストを作って色々と比較してみた。


※9月19日 追記
入れ忘れていた作品があったので修正しました。



■スーパーロボット大戦 歴代参戦作品全リスト

スーパーロボット大戦NEOまでの参戦作品で集計。
サイバスターとSRXなどオリジナルは対象外。
実質OVAから参戦でも表記がなければテレビ版で集計する。(ゴッドマーズなど)
テレビアニメは放送開始年、OVAは第1巻の発売年、映画は公開年で並べた。
漫画、ゲームなど非アニメ作品は別枠で集計。
間違いがあったらごめんなさい。





▼70年代

▽72年
・マジンガーZ


▽73年
・劇場版マジンガーシリーズ
74年以降のグレート、ゲッターなどの劇場版もこれに含む。


▽74年
・グレートマジンガー
・ゲッターロボ


▽75年
・UFOロボ グレンダイザー
・鋼鉄ジーグ
・ゲッターロボG
・勇者ライディーン


▽76年
・超電磁ロボ コン・バトラーV
・大空魔竜ガイキング


▽77年
・無敵超人ザンボット3
・超電磁マシーン ボルテスV
・合身戦隊メカンダーロボ


▽78年
・無敵鋼人ダイターン3
・闘将ダイモス


▽79年
・機動戦士ガンダム
・未来ロボ ダルタニアス





▼80年代

▽80年
・伝説巨神イデオン
・無敵ロボ トライダーG7
・宇宙大帝ゴッドシグマ
・宇宙戦士バルディオス


▽81年
・最強ロボダイオージャ
・銀河旋風ブライガー
・戦国魔神ゴーショーグン
・百獣王ゴライオン


▽82年
・超時空要塞マクロス
・六神合体ゴッドマーズ
・銀河烈風バクシンガー
・魔境伝説アクロバンチ
・戦闘メカ ザブングル


▽83年
・超時空世紀オーガス
・聖戦士ダンバイン
・銀河疾風サスライガー


▽84年
・重戦機エルガイム
・超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか(映画)


▽85年
・機動戦士Ζガンダム
・超獣機神ダンクーガ
・蒼き流星SPTレイズナー
・忍者戦士飛影
・メガゾーン23(OVA)


▽86年
・機動戦士ガンダムΖΖ
・マシンロボ クロノスの大逆襲


▽87年
・破邪大星ダンガイオー (OVA)
・機甲戦記ドラグナー


▽88年
・トップをねらえ! (OVA)
・冥王計画ゼオライマー(OVA)
・機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(映画)
・New Story of Aura Battler DUNBINE(OVA)


▽89年
・機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争(OVA)
・獣神ライガー





▼90年代

▽90年
・NG騎士ラムネ&40


▽91年
・絶対無敵ライジンオー
・機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(OVA)
・機動戦士ガンダムF91(映画)
・デトネイター・オーガン(OVA)


▽92年
・元気爆発ガンバルガー
・宇宙の騎士テッカマンブレード
・ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日(OVA)


▽93年
・機動戦士Vガンダム
・熱血最強ゴウザウラー
・疾風!アイアンリーガー


▽94年
・機動武闘伝Gガンダム
・マクロスプラス(OVA)
・マクロス7
・宇宙の騎士テッカマンブレードII(OVA)
・覇王大系リューナイト


▽95年
・新機動戦記ガンダムW
・新世紀エヴァンゲリオン


▽96年
・機動新世紀ガンダムX
・天空のエスカフローネ
・機動戦艦ナデシコ
・機動戦士ガンダム 第08MS小隊(OVA)


▽97年
・新機動戦記ガンダムW Endless Waltz(OVA)
・THE END OF EVANGELION(映画)
・勇者王ガオガイガー


▽98年
・ブレンパワード
・機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness- (映画)
・真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日(OVA)


▽99年
・∀ガンダム
・ベターマン
・THE ビッグオー





▼2000年代

▽00年
・GEAR戦士電童
・勇者王ガオガイガーFINAL(OVA)
・真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ(OVA)


▽01年
・マジンカイザー(OVA)


▽02年
・ラーゼフォン
・機動戦士ガンダムSEED
・フルメタル・パニック!
・THE ビッグオー 2nd SEASON
・オーバーマン キングゲイナー
・超重神グラヴィオン
・マクロスゼロ(OVA)

※マクロスゼロを入れていなかったので追加しました。
 下の数字データも修正してあります。



▽03年
・フルメタル・パニック?ふもっふ
・神魂合体ゴーダンナー!!
・マジンカイザー 死闘!暗黒大将軍(OVA)


▽04年
・機動戦士ガンダムSEED DESTINY
・神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON
・蒼穹のファフナー
・超重神グラヴィオンツヴァイ
・新ゲッターロボ(OVA)


▽05年
・フルメタル・パニック! The Second Raid
・交響詩篇エウレカセブン
・創聖のアクエリオン
・ゾイドジェネシス
・ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU
・ガン×ソード


▽06年
・機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER(ネット配信)


▽07年
・鋼鉄神ジーグ





▼アニメじゃない作品

▽94年
・機動戦士クロスボーン・ガンダム (漫画)
月刊少年エースで連載。

▽96年
・真ゲッターロボ(原作漫画版)
スーパーロボット大戦コミックに掲載。

▽98年
・電脳戦機バーチャロン オラトリオタングラム (ゲーム)
アーケードゲーム。

▽99年
・機甲世紀Gブレイカー(ゲーム)
サンライズ英雄譚より。

▽00年
・完全勝利ダイテイオー(雑誌)
電撃ホビーマガジンで企画展開。

▽02年
・機動戦士ガンダムSEED ASTRAY (漫画)
ガンダムエースで連載。

▽03年
・機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY (漫画)
ガンダムエースで連載。

・電脳戦機バーチャロン マーズ
PS2で発売。




このリストを作るのに時間が掛かって最近まともに更新しなかったのは秘密だ。



■色々と比較してみる

▼年代別に整理
ロボットアニメの節目である70年代は前半後半で区別しない。

70年代全部 17作品
80年代前半 18作品
80年代後半 15作品
90年代前半 17作品
90年代後半 18作品
00年代前半 23作品
00年代後半 8作品


入れ忘れと数え間違いが無ければ、スーパーロボット大戦の参戦作品は全部で116作品。
さすがに多い。

年代別で一番多かったのは00年代前半。
これは正直意外だった。

でもこのデータだけでは「90年前後は不遇だった」事は証明出来ない。
90年代も参戦作品数に大きな差は無いように見える。

とりあえずデータを補正する。




▼アニメ作品以外を除外
除外理由:バーチャロン以外は続編や派生で本編ありきなので敷居が高いから。

70年代全 17作品
80年代前 18作品
80年代後 15作品 
90年代前 16作品 -1
90年代後 15作品 -3
00年代前 19作品 -4
00年代後 8作品


00年代前半がかなり減った。





▼OVAを除外
除外理由:OVAは敷居が高く、子供が買う事は少ないから。
私がラムネやゴウザウラーやリューナイトをテレビで見ていた頃、オーガンやジャイアントロボは存在自体知らなかった。
スターゲイザーも含む。

70年代全 17作品
80年代前 18作品
80年代後 9作品 -6
90年代前 11作品 -5
90年代後 12作品 -3
00年代前 13作品 -6
00年代後 7作品 -1


90年前後が一気に減った。
最後に、NEOが発表される前ではどうだったのかを見てみる。




▼NEOの参戦作品を除外

70年代全 17作品
80年代前 18作品
80年代後 8作品 -1
90年代前 6作品 -5
90年代後 12作品
00年代前 13作品
00年代後 7作品


90年前後は明らかに少ない。



補正した後の90年前後の参戦作品はかなり酷い事になる。

▽89年
無し

▽90年
無し

▽91年
・機動戦士ガンダムF91(映画)
・絶対無敵ライジンオー

▽92年
・宇宙の騎士テッカマンブレード

▽93年
・機動戦士Vガンダム

▽94年
・機動武闘伝Gガンダム
・マクロス7


6年間にはたったの6作品のみ。
ガンダムが無ければ子供が見れるアニメはたった3作品しか参戦していない事になる。

NEOではそこに6作品(ダイテイオーを入れれば7作品)も参戦してきた。
猛烈に熱血したり、トークイベントのステージ上で飛び跳ねてしまうのも当然のことかもしれない。








■なぜ90年前後は参戦作品が少ないのか

NEOの参戦作品以外にもテレビ放送されたロボットアニメはかなりある。
スパロボ参戦には大きな壁が立ちはだかっている、と噂されている。


▼広井王子の壁
壁の理由:キャラホビ2009で噂が真実である可能性が上昇、詳しい事は後述。
龍神丸のフィギュアがバンダイから発売されるので、タカラトミー版権がなんとかなると思われる。
・魔動王グランゾート
・魔神英雄伝ワタル
・魔神英雄伝ワタル2


▼横山光輝作品の壁
壁の理由:ジャイアントロボとゴッドマーズが最近出ない。
・超電動ロボ 鉄人28号FX


▼タカラトミーの壁
壁の理由:ライバル会社バンダイナムコを儲けさせる道理はない、それが大人の事情。
・勇者エクスカイザー
・太陽の勇者ファイバード
・伝説の勇者ダ・ガーン
・勇者特急マイトガイン
・勇者警察ジェイデッカー
・黄金勇者ゴルドラン
・勇者指令ダグオン
ゴルドランとダグオンは95年と96年なので少し後。


▼CLAMPの壁
壁の理由:特に根拠はない。
・魔法騎士レイアース










■結論






  スパロボNEOを ありがとう















■補足
キャラホビ2009レポート スパロボNEOその2 裏話編でNEOにワタルが出ない理由を簡単に書きました。
説明不足だったので詳しく書きます。


▼オープニングでPVが流れ終わった直後の自己紹介にて
事実に基づいていますが細部は異なるかもしれません。

最初に寺田さんが登場して自己紹介、その後に小椋さんが登場して自己紹介をした。
小椋「小椋亙(オグラ ワタル)と申します。スーパーロボット大戦NEOのプロデューサーを務めさせております」
寺田さんがすかさず突っ込む。
寺田「プロデューサーはワタルなのに出ねぇのかよ!」
会場に笑いが起きる。
寺田「我々もその事を分かっていないわけではありません」
小椋「皆さんの意見はちゃんと把握していますよ」


「出そうとしたが出せなかった」というような事をそれとなく寺田Pが話していた。
というのはこの会話からの推測です。

関連記事
■コメント
この記事へのコメント
512 | 名無しさん | 2009/09/15(火) 14:46 |
ワタルの発言のとこ、俺には別のスパロボで出しますに聞こえるなぁw

513 | 名無しさん | 2009/09/15(火) 19:43 |
スパロボNEOのラインナップは、当時子供だった者としてマジありがとうと言いたい

514 | key6355 | 2009/09/15(火) 23:15 |
>タカラトミーの壁
うまくすればライバル会社から版権料を貰った挙句、自社の広告費殆ど無しで宣伝ができる、とも考えられなくもないんだけどね。
まあなかなか難しいよね、ゲームの出来が悪けりゃどうしようもないし。
それでもエルドランシリーズが参戦できたんだし、いつかきっと、ガオガイガー以外の勇者シリーズが参戦するって信じてる。

515 | 夜桜 | 2009/09/16(水) 09:27 |
80年代後期90年代前半超力ロボガラットや流星機ガクセイバーも何故かNEOに参戦していないですが、何故なんでしょうかね?

管理人のみ閲覧できます
524 | | 2009/09/20(日) 12:10 |
このコメントは管理人のみ閲覧できます

 コメント投稿について
※誹謗中傷、荒らし、ゲハ、イラネコメントは禁止です。
 管理人の判断で削除します。
 そういった類のコメントは無視&スルーして下さい。
コメント:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bluearknd63sat.blog86.fc2.com/tb.php/1183-795bbbd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。